脱毛キャンペーン完全ガイド

shutterstock_63207913

 

最近では脱毛のキャンペーンは本当に多いです。

脱毛サロンを選ぶときには脱毛キャンペーンをしているサロンをうまく選ぶことが大事です。

現在の脱毛技術は比較的負担が少なく施術する事が可能ですが、決してゼロというわけではありません。少なくとも肌にダメージを負っているのです。

ですので傷がある状態での脱毛はおすすめ出来ません。詳しく理由を説明すると光照射の脱毛は皮膚の下に潜む毛根にダメージを与える事によりムダ毛を無くしていきます。

この際に少ないとはいえダメージを与える事になります。既に傷などのダメージを負っている肌に更なる刺激を与える事になりますので、肌トラブルの原因になってしまうのです。

施術直後は大丈夫でも跡になってしまったという体験をしたこともあるようです。

しかし傷の対応はサロンによって異なるようです。ですので状態によって施術が可能と言う場合もありますので、一度事前カウンセリングなどでスタッフに相談してみる事をおすすめします。

ただ注意して頂きたいのはその傷の状態によってサロン側からお断りする場合もあります。これは傷だけでなく古傷も含まれますので注意してください。また肌だけでなく体調が悪いなど少しでも不安要素があるならば、施術の延期をお勧めします。

銀座カラーは梅田には曽根崎店、新道店と2店舗ある人気の全身脱毛サロンです。今月は2ヶ月分の全身脱毛無料キャンペーン中です!

引用:全身脱毛梅田ZU01│人気で安いおすすめ全身脱毛サロン

 

脇脱毛や耳毛脱毛をするときの注意点

耳毛の永久脱毛はあるのでしょうか。耳毛の永久脱毛は実際あります。歳をとると耳毛が目立つようになります。そうした時、市販の耳毛カッターなどを使っても、中々キレイに処理することはできません。気になりだしたら止まらなくなります。耳毛は意外と自分ではわからなくても目立ちます。

髪をアップスタイルにしてばっちり決めても、耳毛が出ていては台無しになってしまいます。耳毛の永久脱毛というのは可能で、永久脱毛は、レーザー脱毛と電気針脱毛に大別されますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。耳毛がどの程度の濃さかによっても変わりますが、産毛のような感じの耳毛なら、レーザー脱毛はむずかしいでしょう。

おすすめは、耳毛など細かい部分が永久脱毛できるエステサロンです。但し、広範囲に照射するタイプの脱毛マシンしかないなどの理由で、細かい部分の脱毛を取り扱っていないエステサロンが多いのが現状です。そのため、耳毛の永久脱毛を希望する場合は、事前に耳毛の永久脱毛施術をおこなっているかどうかをエステサロンに問い合わせてみることです。永久脱毛が完了すれば、耳毛の処理をしなくてもよくなります。

毛が伸びるスピードは人によって全然違います

脱毛する時のお手入れ前にはどうしたらよいのでしょうか。まず一つは日焼けをしないということがあります。日焼けをすると脱毛施術を行うことが出来なくなりますのでこの点は注意しましょう。

お肌のお手入れとしては保湿をしっかりと行い、ムダ毛処理は電気シェーバーを利用して剃りムラがないようにしっかりと行っておくということが大切になっています。施術当日には飲酒や服薬などを避けることが大切です。

また過度な運動をはじめ、皮膚体温が上昇しやすいような状態にならないようにしておきます。制汗剤やローションなどもできれば控えるようにしておきましょう。日焼け止めも低刺激性なものにして、可能であれば上着などを羽織ることで日焼け対策をして肌には塗らないようにすることが良いようです。

お手入れ後も飲酒や運動をさけ、日焼しないようにし、当日の入浴は控えるなど肌温度が上昇しないようにしておきましょう。脱毛施術後のお肌は比較的センシティブに偏りがちですから、しっかりと保湿ケアをしておくことも大切です。

保湿ケアをしっかりとしておくことでお肌の状態を正常に保つことが出来ます。

ニキビ跡の色素沈着にハイドロキノンは効果的?

美白成分として知られているハイドロキノンは、イチゴや麦芽、コーヒーなどに含まれる天然成分です。

ハイドロキノンには還元作用があり、ゴムの酸化防止剤や写真の現像などにも使用されています。酸化を抑える還元作用を利用して、体が酸化するのも防ぐことが出来る成分として、美容面でも利用されるようになったのです。

そして最近では、ニキビ跡の色素沈着にもハイドロキノンの効果が期待されています。

シミの原因であるメラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを阻害する作用があるため、ニキビ跡を始めとする色素沈着やシミの改善に効果的なのです。また、メラニン色素を生成するメラノサイトという色素細胞そのものに働きかけて減少させる効果もあります。

ニキビ跡の色素沈着を予防するだけでなく、シミになってしまったとしても効果的であるのがハイドロキノンの特徴です。紫外線などの刺激によって酸化され、黒く濃くなってしまったニキビ跡であっても、ハイドロキノンの還元作用によって酸化を還元して、メラニンの色を薄くする働きもあるのです。

しかし、日本では管理の難しさから、医師の処方がなけれが使用が許されなかった成分です。2001年の薬事法の規制緩和により、化粧品への使用が許されました。それだけ作用の強い成分であるということを覚えておきましょう。

ブタ・馬プラセンタの安全性は?

ブタ、馬プラセンタと言えば、非常に人気で、その効果の高さから、化粧品などによく使用されています。

プラセンタエキスには、肌を若返らせたり、更年期症状を改善させたり、肝機能障害の症状を緩和する効果があります。

人間が本来持つ生体機能の作用を活性化する働きがあるので、その効果は計り知れません。ブタ、馬プラセンタとも、生き物の胎盤を使用するので、安全性が気になるところですが、まずその心配はありません。

なぜなら、プラセンタ商品を作る際、ブタでも馬でも、製造工程で、プラセンタエキス中の血液などが入らないようちゃんと処理されているからです。

危険因子が生き残れないように高温で滅菌することになっているので、安全性については管理されています。高温処理するとプラセンタに含まれる有効成分も少し死んでしまうのですが、ブタ、馬プラセンタを製造するに当たっては、効果効能よりも安全性を重視しています。

これまで、ブタ、馬プラセンタサプリを摂取しても重大な副作用が発生したという報告がないのは、安全性が高いことを示しています。安心して摂取できると判断してよいでしょう。

ニキビ跡にオロナインは効果があるの?

毛穴ケアとして、ニキビ予防、ニキビ治療に関して言うならオロナインは効果的です。

しかし、ニキビ跡に対してオロナインを使用しても、あまり効果がありません。オロナインの主な有効成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液というもので、皮膚においての殺菌、抗菌作用があります。

皮膚に対する刺激も少なく臭いもほとんどないことから、顔の毛穴やニキビに対するケアに使用しやすいのが特徴です。

ニキビの原因となる雑菌を殺菌、抗菌するだけでなく、抗炎症作用によって赤みや腫れなどの諸症状も落ち着かせる効果があります。ですから、毛穴ケアのみならず、ニキビの予防策として、さらには出来てしまったニキビに対するケアとして、オロナインは効果的なのです。

しかし、すでに色素沈着を引き起こしてシミになってしまっているニキビ跡に対して、オロナインの持つこれらの作用は効果がありません。また、オロナインには肌を白くするような成分もはいっていないのです。

あくまでも殺菌、抗菌作用、そして抗炎症作用がある塗り薬なのです。跡になってしまったニキビには、美白効果のある成分が効果的でしょう。