ニキビ跡にオロナインは効果があるの?

毛穴ケアとして、ニキビ予防、ニキビ治療に関して言うならオロナインは効果的です。

しかし、ニキビ跡に対してオロナインを使用しても、あまり効果がありません。オロナインの主な有効成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液というもので、皮膚においての殺菌、抗菌作用があります。

皮膚に対する刺激も少なく臭いもほとんどないことから、顔の毛穴やニキビに対するケアに使用しやすいのが特徴です。

ニキビの原因となる雑菌を殺菌、抗菌するだけでなく、抗炎症作用によって赤みや腫れなどの諸症状も落ち着かせる効果があります。ですから、毛穴ケアのみならず、ニキビの予防策として、さらには出来てしまったニキビに対するケアとして、オロナインは効果的なのです。

しかし、すでに色素沈着を引き起こしてシミになってしまっているニキビ跡に対して、オロナインの持つこれらの作用は効果がありません。また、オロナインには肌を白くするような成分もはいっていないのです。

あくまでも殺菌、抗菌作用、そして抗炎症作用がある塗り薬なのです。跡になってしまったニキビには、美白効果のある成分が効果的でしょう。