ニキビ跡の色素沈着にハイドロキノンは効果的?

美白成分として知られているハイドロキノンは、イチゴや麦芽、コーヒーなどに含まれる天然成分です。

ハイドロキノンには還元作用があり、ゴムの酸化防止剤や写真の現像などにも使用されています。酸化を抑える還元作用を利用して、体が酸化するのも防ぐことが出来る成分として、美容面でも利用されるようになったのです。

そして最近では、ニキビ跡の色素沈着にもハイドロキノンの効果が期待されています。

シミの原因であるメラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを阻害する作用があるため、ニキビ跡を始めとする色素沈着やシミの改善に効果的なのです。また、メラニン色素を生成するメラノサイトという色素細胞そのものに働きかけて減少させる効果もあります。

ニキビ跡の色素沈着を予防するだけでなく、シミになってしまったとしても効果的であるのがハイドロキノンの特徴です。紫外線などの刺激によって酸化され、黒く濃くなってしまったニキビ跡であっても、ハイドロキノンの還元作用によって酸化を還元して、メラニンの色を薄くする働きもあるのです。

しかし、日本では管理の難しさから、医師の処方がなけれが使用が許されなかった成分です。2001年の薬事法の規制緩和により、化粧品への使用が許されました。それだけ作用の強い成分であるということを覚えておきましょう。